お知らせ
由緒
記念事業
年中行事
おはらい
氏子青年会
アクセス
リンク
トップページへ

■席上揮毫「豊穣」
(2018.07.14)
昨日からダウン症の女流書家、第8回金澤翔子書品展が始まりました。翔子さんには本日10時過ぎ頃ご来場いただき、予定どおり午後2時から席上揮毫(きごう)が行われました。今回は穀物の豊かな実りを意味する「豊穣」の二文字を約150p四方の特別に作った大きな紙に1文字ずつ、「ハッピーと感謝と元気」の気持ちを込めながら力強く揮毫しました。席上揮毫を初めて見る方も多く、凡そ130名の皆さまは筆遣いに感嘆の声をあげながら見入っていました。揮毫が終わってからは、翔子さんとお母さまが掛け合いのようにして、30歳を過ぎたので一人暮らしをしていることなど、いろいろな思いを話され、笑いを交えながら皆さん真剣に聞き入っていました。その後は恒例の翔子さんによるマイケルジャクソンの「バッド」や「ビートイット」に合わせたダンス披露があり、手拍子を受けて翔子さんはとってもノリノリでした。ダンスの後はボイスパーカッション(ボイパ)の初披露もあり、翔子さんのエンターテイナーぶりに会場からは大きな拍手が起こりました。その後はこれも恒例になりましたが、翔子さんが記念撮影におさまったり、出版物などにサインをサービスしましたので、長蛇の列ができました。
■書品展が始まりました
(2018.07.13)
参集殿特設会場にて、第8回金澤翔子書品展が始まりました。今回の書品展は、3年前に開催した惟神(かんながら)の世界の書品をもとに、昨年席上揮毫した「招福」や新作書き下ろしの「大祓詞(おおはらへのことば)」なども加えて展示しています。午前中にはTUYさんのTV取材がありました。じっくりと撮影して頂いた模様は今日の夕方放送になるそうです。
また、明日14日(土)は午後2時から翔子さんご本人による席上揮毫(せきじょうきごう)が行われます。まだ整理券に余裕がありますが、明日お越しになる方はお早めにおいで下さい。席上揮毫をしている間は会場内の混雑を避けるため、整理券をお持ちでない方のご入場を制限させていただきますので、何卒ご了承下さい。番号札は午前9時より配布致します。
■ラジオ収録
(2018.07.12)
本日、『第8回金澤翔子書品展』開催案内のラジオ収録が行われました。インタビュアーはFM山形の岩崎敬アナウンサーです。ベテランアナウンサーのリードで和やかに収録できました。放送は13日(金)16時からFM山形のラジオロイドの番組中です。
また、『第8回金澤翔子書品展』開催期間は明日7月13日(金)〜22日(日)、入場時間は9時〜16時です。入場料は一般500円、中高生400円(学生証をご提示ください)、障害者は無料となりますので手帳をご提示下さい。席上揮毫は14日(土)14時からです。尚、席上揮毫をご覧になるには、入場券の他に整理券が必要です。
■紫陽花
(2018.07.08)
境内各所の紫陽花が見頃を迎えています。紫陽花は日本原産で、ガクアジサイが原種という説があります。写真は参道裏階段に咲くガクアジサイです。土壌の酸性度によって花の色が変わり、一般に酸性だと青、アルカリ性だと赤の花が咲きます。花言葉は「辛抱強い愛情」「一家団欒」「家族の結びつき」などです。
■金澤翔子書品展のお知らせ
(2018.07.01)
ダウン症の女流書家、金澤翔子(小蘭)さんの第8回目の書品展が当八幡宮参集殿大広間で開催される運びとなりました。期間は今月7月13日(金)から7月22日(日)までとなります。数年前から翔子さんは30歳になったので、一人暮らしを始めています。国内は元より、海外でも個展や席上揮毫を披露して、国際的にも一流の書家として賞賛を受け、大活躍しております。ますます全国各地から引き合いがあり多忙を極めておりますが、毎年開催している当八幡宮の書品展は優先して開催させていただいております。翔子さんの書は、小さい身体からは想像もできないほどの力強さを持ち、見る人を引き寄せます。翔子さんの力強くもやさしい不思議な書を是非ご覧下さいまして、人々の希望や活力に繋がっていただけましたら幸いです。入場料は一般500円、中高生400円(学生証をご提示ください)で当日料金のみとなり、障害者は入場無料です。詳しくは「参集殿」のページにリンクを張りますので、どうぞそちらをご覧下さいませ。
‖ バックナンバーリスト ‖

管理者用build by HL-imgdiary Ver.1.25

寒河江八幡宮  
山形県寒河江市八幡町五番七十号
TEL : 0237-86-6258   E-mail : jinja@sagae-hachimangu.org
Copyrightc)2005 Sagae-Hachimangu All rights reserved.